ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

通貨(円は最強)

通貨(円は最強)


 ありえない『ハイパーインフレで円の価値が急落!論』は信じちゃ駄目です。

金融の商売をやっていると、高いコミッションを求めて『外貨建ての商品』を販売したがる人が極めて多い事に遭遇します。

そういった人達には
『外貨に分散する事のメリット』
と反する情報はスコトーマで視界に入ってこないのでしょう。
というよりも、強制的に意識しないようにしていると思えます。
悪徳宗教に洗脳されてるような状態ですね。

ですから彼らは

  • 円が下落する要素
  • 外貨に資産を移すことのメリット

上記に偏った知識を勉強します。

そこで普及したのが
『日本の財政の破綻により、円の信用が薄れ、円が急落してハイパーインフレが起こり、日本の借金が実質減る。』
といった

『ハイパーインフレで円の価値が急落!論』

です。


私の考えでは、それらは金融や経済をマクロで見ることの出来ないレベルの低い思想であり、現実的にはあり得ない話だと思います。



また、「日本の借金が多い!」ってニュースがよく出るのについてですが、これは、官僚や政府などは「日本は借金が凄くて大変!」ってイメージを国民に持ってもらいたいから、マスコミとか御用学者とかを使って、そういう報道をしてるのでしょう。

そうすれば、国民の多くが「増税は仕方ないね!」ってムードになりやすいですからね。



 日本政府はお金を作り出せる! = 『破綻』は無い!

そもそも、日本政府はお金を作り出せるんですから、破綻は無いでしょう。
例えばこちらのサイトに詳しく記載されていますので、是非見てみてください。


民間の家計と国の財政は全然違います。

分かり易くいうと、国の財政は自分たちの都合で、幾らでもルールを変えれるんです。
お金だって作り出せるんですから。

将棋で言うなら、王は縦横斜め一マスしか動けませんが、そんなルールお構いなし、飛車角の様に何マスも動けたり、桂馬みたいな動きも出来たり、マスが無い場所に逃げる事も出来たり、なんだってできるようなイメージです。
民間の家計でそれは難しいですよね。

もちろん外貨建ての府債などで財政が厳しい国はそこまでの選択肢は無いでしょうが、日本は世界で最も余裕がある国の一つです。


にもかかわらず破綻したら「何やってんだ!」って感じで大ヒンシュクでしょう。
その時の与党の支持率に永久的に大打撃を与えるのではないでしょうか。

「外国に対して借金返せない!」って言うんなら別ですが、日本の対GDPで見た対外債務比は、世界各国の高いほうから数えて44番目。(参照:世界銀行のウェブサイトより2018年のデータ)
日本が外国に対して「借金返せません!」ってなる前に、もっと心配しなければならない国は44ヵ国もあるという事でしょう。



 日本はインフレになりにくい

インフレって言うと『物価上昇』と学校などで習ったと思いますが、投資の世界では

インフレ≒通貨安

です。
パブロフの犬みたいな条件反射で投資家は感じ取ります。

では、世界各国のインフレ率を考慮すれば、「長期的にどの通貨が強いのか?」はだいたい分かります。

画像の説明
(出典:日本と世界の統計データ ウェブサイト)


上記を見ると日本のインフレ率が他国と比べ、圧倒的に低いのが分かりますね。


相場は『需要と供給のバランス』によって決まります。

例えば、新型コロナウイルスが流行った時にマスクが足りなくなってマスクの値段が上がりました。
このようにモノの供給よりも需要が多くなれば、物価は上がり、通貨は下落します。

では、商売やっている人が商品の値段を上げようとするとどうなるのでしょうか?
日本の場合、モノやサービスが十分にあるので、既に供給がかなり高いレベルだと言えるでしょう。
そんな状況で値上げしたら誰も買わなくなり、売上減少リスクの方が高くなるでしょう。

外食で見ても、吉野家さんとかサイゼリアさんとか100円寿司チェーンとか、『安い値段で良いものを』と企業努力で頑張っています。
しかも、アメリカなどと違い国土が狭い中に多くの人がいる為か、田舎にもそれらの店舗は沢山あります。


私が思うに、日本の供給力は世界的にトップクラス(多分ダントツナンバーワン)ですから、値上げが非常に難しい環境にあり、上記のグラフの様に、他国と比べて常にインフレ率は低い訳です。


こちらのサイト(ひろのひとりごとさん)に非常に分かり易い説明が有りますので、宜しければご参考までに。




 米ドルは過大評価、日本円は過小評価されている!

画像の説明
(出典:為替王 ウェブサイト)

上記はアメリカと日本での比較です。

日本は供給力が高くインフレになっていませんが、
アメリカは物価が上昇し続けており、
過去20年で日本と比べ、50%もインフレになっているんですね。

という事は、

  • アメリカ ・・・ 通貨は物価に対して 50%下落
  • 日本 ・・・・・ 通貨は物価に対して  0%下落

ですから、米ドルは円に対して50%下がるのが自然です。


しかし、上記にもかかわらず、過去20年で米ドルは円に対して下がっていません。
今のところ、ほとんど同じ価格を推移しています。


これは為替市場の歪みであり、

  • 米ドルは過大評価
  • 日本円は過小評価

されている。
という事になります。




 インフレを加味した為替レート 1米ドル=78.98円

インフレを加味した為替レートを実質実効為替レートと呼びます。
実質実効為替レートは日本銀行のウェブサイトから下記のグラフなどで見ることが出来ます。

画像の説明
(出典:日本銀行ウェブサイト、東京市場ドル・円スポットと実質実効為替レート指数)

上記のオレンジは通常の米ドルと円の為替レートで、メモリは左を見ます。
ブルーが実質実効為替レートでメモリは右を見ます。

現在(2019年9月月中平均)の通常の為替レートは1米ドル=107.4円なのに対し、
実質実効為替レートは1米ドル=78.98円です。

インフレ率を考慮した為替は1米ドル=78.98円が適切なのです。
にもかかわらず、107.4円という数字なのは、著しく円が過小評価されている事を意味します。




 ビックマック指数で計算 1米ドル=67.98円

インフレ率と同じような意味ですが、購買力平価で考えた為替の指数ではビックマック指数が有名です。

画像の説明
(参照:世界経済のネタ帳


上記はビックマック指数で計算した場合の各国通貨に対しての円の価値表にしています。

それで考えると2019年12月11日の為替レートと直近のビックマック指数で計算したレートは

 1米ドル=67.98円

になります。

ユーロや豪ドルに対しても、円は過小評価されている事が分かります。



 世界の経常収支ランキング 日本は第2位!

また、経常収支の世界ランキングで考慮しても、日本はドイツに次いで第2位です。
という事は常に円高プレッシャーにさらされているんですね。
(無理やり?米国債を買わされて為替操作してますけど。)


「将来、円の価値が下がる!」って言う人は、多分こういった理屈は全然勉強していないのでしょう。

様々な日本の状況を考えて、円安にすることがどれだけ難しい事か。
(暴動とか起きるくらい、思いっきり滅茶苦茶な政治をしない限り無理じゃないですかね。)



 『日本の人口が逆ピラミッドで今後、労働力が減っていき、供給力が無くなって、円の価値が下がる!』 これも非現実的! というか逆では?

最後に、『円安論者』の
『日本の人口が逆ピラミッドのようになっていて、今後労働人口は減っていき、供給力が無くなっていくので、需要と供給のバランスで円が下がる!』
といった主張に対してですが、これも非現実的ですし、「そもそも逆ではないか?」と思えます。


みなさんご存知の通り、日本は『住む』には非常に素晴らしい環境が揃っています。

  • 料理はおいしい
  • 四季もある
  • 山や海にも恵まれている
  • 様々なインフラは整っている
  • 国民がのお金は豊
  • 安全
  • その他いろいろと

なので人口が逆ピラミッドで労働力が減少しようもんなら、「じゃあ日本で働きたい!」って人は多くやってくるでしょう。

要は、これほど素晴らしい環境が整っているのに、
「なんでそこで供給力が無くなるの?」
って話なんです。

阪神大震災や東日本大震災があっても復旧してしまうほどの強力なインフラがそう簡単に崩れるでしょうか?

しかも、日本人は沢山お金持ってるんですよ。
所得総合ランキングだって、日本人は常に世界上位です。
環境は良くて、商売相手もお金を沢山持ってるんだったら、
「そこで商売したい。」
って人は多いでしょう。
私だって、実際、日本で商売できている事に物凄く感謝しています。

日本人が減るんだったら、外資が喜んでやりますよね。

そんな状況で本当に、
「人口減少で、供給力が無くなる。」
なんて起こると思いますか?



また、そういった思想とは逆行して、世界中ではDX化が進んでいます。

これは『全てのモノをデジタル化する事』ですが、そうなったらかなり生活の効率は良くなると言われています。
トヨタが裾野市でそういった街造りを進めている事でも有名ですよね。
国で言えばエストニアはかなり進んでいます。


将来を考えるんであれば、逆に、
『労働力が減ってインフラが崩れる < ロボットやコンピュータに職を奪われる』
ことを心配した方が良いのではないでしょうか?

彼らの主張する「逆ピラミッドで人口が少なくなる」んだったら、
供給はロボットが足りない部分を補って、需要は人口減で少なくなるんですから、過剰供給で物価は下がって、円高になっちゃいますよね。
彼らの主張とは逆ですね。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional