ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

分散投資はNG

分散投資はNG


長期で見るパフォーマンスの差

よく「株はボラティリティが高いから債券とかに分散した方が良い。」とか言う人がいますが、個人的には長期投資においてのそれは、本末転倒な悪手だと思えます。

下記はジェレミー・シーゲルさんの著書で『株式投資の未来』にある有名なグラフです。

画像の説明
(出典:ウェブサイト『渡辺正弘のセレクトニュース』より引用)

約200年にもわたって、アメリカの金融資産価格の推移をグラフ化しています。

しかし、よく見ると左軸のメモリが10倍ごとになっています。
10倍ではなく均等にしたのが下記のグラフです。

画像の説明

(参照:著者ジェレミー・シーゲル 著書『株式投資の未来』195ページ図12-1の情報)

そうなんです。
ズバリ、長期投資においては、『超優良企業の株』以外はゼロに等しいくらい、投資対象としてはNG(ノーグッド)なんです。

例えば、債券は株が下がる時には上昇する性質を持ちますので、株と債券を合体させればボラティリティは少なくなりますが、長期的にTotalのリターンは大幅に下がるでしょう。
そんなことをしたら、まさに本末転倒ですよね。

であれば、債券やゴールド等に分散などせずに、世界の超優良企業の株にポートフォリオの100%を投資していたほうが、長期で見た場合のパフォーマンスは圧倒的に高くなると思えます。




 ボラティリティとかシャープレシオとか言う人は、、、。

そもそも、ボラティリティとかシャープレシオとかは「投資信託を売りたい」とか、「様々な投資資産を売りたい」売り手サイドの人間が売りやすいように作った言葉だと個人的には思えます。

上記のグラフを見れば、
『長期投資なら、世界経済を牽引するような世界トップの株式に投資していれば、それが最も投資効率が良い!』
という事は、一目瞭然でしょう。

投資の知識がない人に対して、不安を煽って、『リスク分散』と響きの良い言葉を使って投資効率の悪い投資対象にも投資させる。
(上記のグラフを見れば分かりますが、『儲からない』と言っても、通貨よりは儲かりますから。)
「証券会社のファンドマネージャーが運用しますよ。」と言って、手数料の高い投資信託を販売する。
国民の大多数の知識があまりない投資家がそれらを受け入れてしまうのだから、証券会社は儲かる訳です。

証券マンとの人間関係などもあるでしょうから、証券マンを全否定はしませんが、
運用利回りの差で将来のお金は大きく変わってきますので、余程の付き合いが無い限りはネット証券で優良なETF等を使った投資オンリーにすべきだと思えます。




トッププロや富裕層と一般的な投資家の違いはここ!

画像の説明

トッププロや富裕層が一握りの効率の良い投資先のみに投資をしているのに対して、
日本の一般の投資家は『リスク分散』と称して儲かる投資先も儲からない投資先も全体にまんべんなく投資をしています。

ここが最大の違いでしょう。


どちらの効率が良いか?結果は歴史が証明していますね。
これに気付かないと、ピケティが言うように資本の格差はどんどん開いてしまいますね。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional