ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

分散投資はNG

分散投資はNG


長期なら株がダントツ!

よく「株はボラティリティが大きいから債券とかに分散した方が良い。」とか言う人がいますが、個人的には長期投資においてのそれは悪手だと思えます。

下記はジェレミー・シーゲルさんの著書で『株式投資の未来』にある有名なグラフです。

画像の説明
(出典:ウェブサイト『渡辺正弘のセレクトニュース』より引用)



約200年にもわたって、アメリカの金融資産価格の推移をグラフ化しています。



しかし、よく見ると左軸のメモリが10倍毎になっています。
10倍毎ではなく均等にしたのが下記のグラフです。

画像の説明

(参照:著者ジェレミー・シーゲル 著書『株式投資の未来』195ページ図12-1の情報)

上記の図から、
『株式が圧倒的! それ以外はゼロに等しい!』
という事が分かりますよね。


念の為に記載しますが、『分散すること自体が悪い』ワケではありません。
上記のようにアセットごとにパフォーマンスは異なります。
『パフォーマンスが劣るであろうモノに分散する事が悪いと考えている。』という意味です。



アメリカ株に投資するのが最も儲かった!

世界の代表的な投資資産のそれぞれの投資パフォーマンスを表にしてみました。

画像の説明
画像の説明

アメリカ株(MSCI 米国
ヨーロッパ株(MSCI ヨーロッパ・インデックス
新興国株(MSCI エマージング・マーケット・インデックス
日本株(MSCIジャパン
全世界株(MSCIオールカントリー・ワールド・インデックス
米国長期国債(ブルームバーグ・バークレイズ 米国国債20年超指数
米国短期国債(ブルームバーグ・バークレイズ 米国クレジット1-3年指数
全世界国債(FTSE/シティグループ 世界国債インデックス
日本国債(FTSE/シティグループ 世界国債 日本
ゴールド(ロンドン金価格
コモディティ総合(S&P GSCI 商品指数

(参照:myINDEX 2022年7月末時点 米ドルベース)


上記のデータは過去30年のトータルリターンですが、やはりアメリカ株が他を圧倒しているのが分かります。

日本株は丁度タイミングが悪かったと思えます。
本来は年5%位のトータルリターンは得られるのではないでしょうか。



ポートフォリオを投資リターンが良いモノだけにする!

人気による価値の騰落や割高割安などの数字(投機的リターン)は別にして、投資リターンだけで比較すると違いがイメージしやすいと思えます。

下記のようにポートフォリオを今後の投資リターンが高そうなモノだけに集中させる事で最終的な運用成績を格段にアップさせることが出来るかもしれません。


画像の説明

今後予想される投資リターンが、
3.1%のポートフォリオと、
10.0%のポートフォリオでは、
最終的な資産額はとてつもなく大きな差になります。



バフェット氏は分散投資を否定!

ベストな投資先があったとして、全ての投資家がそこに集中したら全員が儲かりません。

資本主義社会はゼロサムゲームなので、勝ち組の利益=負け組の損失です。

だから、損する人は必要です。

それを考えれば、川下には間違った情報が蔓延していて当り前ですね。


画像の説明
(出典:ウォーレン・バフェット 50の名言 ポケット名言シリーズ


私は上記のバフェット氏の意見が正しいと思いますが、巷ではほとんどが投資の神様と逆の事を推奨しています。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional