ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

分散投資はNG

 分散投資はNG


 長期なら株がダントツ!

よく「株はボラティリティが高いから債券とかに分散した方が良い。」とか言う人がいますが、個人的には長期投資においてのそれは悪手だと思えます。

下記はジェレミー・シーゲルさんの著書で『株式投資の未来』にある有名なグラフです。

画像の説明
(出典:ウェブサイト『渡辺正弘のセレクトニュース』より引用)

約200年にもわたって、アメリカの金融資産価格の推移をグラフ化しています。



しかし、よく見ると左軸のメモリが10倍ごとになっています。
10倍ではなく均等にしたのが下記のグラフです。

画像の説明

(参照:著者ジェレミー・シーゲル 著書『株式投資の未来』195ページ図12-1の情報)

上記の図から、
『株式が他の資産を圧倒している!』
という事が分かりますよね。

もちろん、これはアメリカ株に限った話です。
他国で同様のデータを集計しても、上記のような結果になるとは限りません。



 長期投資なら『世界経済を牽引する企業の株』以外は論外!

上記の図から分かることは、

「長期投資において、株式以外に投資する事は非効率!」

であると言えます。


もちろん、良さそうなタイミングで短期的に債券やゴールド等に投資するのは良いと思います。
しかし、長期となると上記の様に大変勿体ない結果になる可能性が高いのです。


例えば、債券は株が下がる時には上昇する性質を持ちますので、株と債券を合体させればボラティリティは少なくなりますが、長期的にTotalのリターンは大幅に下がるでしょう。
そんなことをしたら、まさに本末転倒ですよね。


上記のデータを理解して頂いたところで、日本で一般的に推奨されている投資手法と比べてみましょう。


画像の説明


上記は、日本で良く推奨されている一般的なポートフォリオの例です。

様々な投資対象に分散されているのが分かります。



これはまさに、私がおススメする投資手法(世界経済を牽引するビジネスに集中投資)とは真逆のアプローチです。


同サイトで何度も記載していますが、
何に投資しても儲かる!
んだったら、皆バカらしくて労働なんてしません。
何に投資しても効率よく儲かる!
なんてありえないのです。
本当に効率の良い投資対象なんて、ピラミッドの頂点だけで、それ以外はほとんど儲からなかったり、損したり、投資効率は良くないでしょう。

そう考えれば、上記のポートフォリオの様に、様々な資産に分散すればするほど、
投資効率は悪くなる!
という事ですね。




トッププロや富裕層と一般的な投資家の違いはここ!

画像の説明

トッププロや富裕層が一握りの効率の良い投資先のみに投資をしているのに対して、
日本の一般の投資家は『リスク分散』と称して儲かる投資先も儲からない投資先も全体にまんべんなく投資をしています。

ここが最大の違いでしょう。


どちらの効率が良いか?結果は歴史が証明していますね。
これに気付かないと、ピケティが言うように資本の格差はどんどん開いてしまいますね。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional