ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

投資リターン

投資家と企業の利益は一致する


投資リターンとは?

投資リターンとは?」簡単に説明すると、企業が稼ぎ出す収益の事です。

株式投資の場合、利益成長率 + 配当利回り = 投資リターンになります。

そして過去のデータから、実際の投資家の儲けと投資リターンは非常に近い数字になっていますので、投資リターンを予測する事で、そのアセットに投資する事で得られる利益がイメージしやすくなります。


※この利益成長率 + 配当利回りを、ジョン・C・ヴォーグル氏は著書のインデックス投資は勝者のゲーム投資リターンと記載されています。チャールズ・エリス氏の著書である敗者のゲーム〈原著第6版〉では基本的リターンと記載されています。同サイトでは投資リターンで統一します。



具体的に株式投資で考えてみますと、PERが不変であれば、

利益成長率 + 配当利回り = 投資家の利益

となります。


例えばPER10倍の企業で、利益成長率が7%/年、配当利回りが3%/年で、1年後のPERも10倍だったとします。

すると、投資家の利益は、株価の上昇率が7%(利益が7%増えて、PERが同じなら株価も7%増えている。)、配当利回りで3%、合計して10%/年となります。

やはりPERが変わらなければ、
利益成長率+配当利回り=投資家の利益
となりますね。




長期的には、投資リターン ≒ 投資家の利益!

では、実際の投資家の儲けと投資リターンはどれほどの相関性があるのか?

実際にそれを長期的に研究したのが下記の図です。

画像の説明
(出典:インデックス投資は勝者のゲーム 図表2-2を引用)


上記の図は、バンガードの創業者であるジョン・C・ボーグル氏が1900年~2016年の約116年間に渡って、アメリカの代表的な株で、投資家の利益(市場リターン)と企業の稼ぎ出す利益(投資リターン)をグラフにまとめたものです。


ジョン・C・ボーグルさんは、

  • 投資リターン ・・・・ 利益成長率+配当利回り(9.0%/年)
  • 投機的リターン ・・・ PERの変化率(0.5%/年)
  • 市場リターン ・・・・ トータルリターン(9.5%/年)

としています。


上記をビジュアル的に分かり易くしたのが下記のグラフです。

実際に投資リターンと投資家の利益は、びっくりするくらい同じように推移しています。
違い(投機的リターン)は0.5%/年しかありません。


画像の説明
(出典:インデックス投資は勝者のゲーム 図表2-1を引用)


上記のデータを考慮すると、アメリカ株に関しては投資リターンを予測する事で今後の投資の収益も予想できそうですね。

今後もアメリカ企業が成長を続けるのなら、投資家はそれに比例した利益を享受できるのではないでしょうか。



ウォーレン・バフェット氏も下記の発言をしています。

画像の説明
(出典:ウォーレン・バフェット 50の名言 ポケット名言シリーズ

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional