ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

ハイパーインフレ

ハイパーインフレのリスクは?


日本政府の借金は増え続けている!

皆さんご存じのように、日本政府の借金は右肩上がりに増え続けています。

画像の説明
(出典:BUSINESS INSIDER

これを見ると、政府が破綻したケースの心配をする人は多いのだと思えます。


例えば、

  • 政府が破綻して日本円の信用力が無くなって、円の価値が急落するのでは?
  • 政府が借金を返済するために、円を刷りまくって円の価値が下がるのでは?
  • 政府が借金を返済するために、預金封鎖して、国民の財産から税金を取るのではないか?
  • 近い将来、政府が破綻せざるを得ない状況になってIMFなどから救済を受ける代わりに不利な条件を押し付けられて、日本の信用力が下がり、円の価値も下がるのではないか?

とかでしょうか。


しかし、私の考えでは上記のような心配とは真逆で、円の価値は世界で最も強いと思えます。



政府の借金と国の借金は別物!

まず、上記の図の借金は政府の借金であって、日本(国)の借金ではありません。


政府の借金は簡単に言うと自国通貨建ての国債。

これは上記のように雪だるま式に増え続けていますよね。


ただ、それは全く問題無いです。

借金の返済期限が来たら、お金刷って返済すればいいだけですよね。


もうちょっと具体的に言うと、返済期限が来る度に借換債を発行して、そのお金で借金返済する。

「え、そんな無責任な、、、。」

とかって思われる人もいるかもしれませんが、このロールオーバーは結構前からやり続けてますし、永遠にロールオーバーし続ければいいだけの話ですから、国家破綻はあり得ません。


詳しくはこちらの動画が分かり易いと思います。


あと国家破綻を防ぐ為の増税など、必要ないです。

増税は格差拡大を防ぐ為に必要だと思えます。



ハイパーインフレ

「円を造り出せる日本にとっての円建て債務の心配はない!」のかもしれませんが、上記の図のように借金が雪だるま式に膨れ上がってるのに、ハイパーインフレとか大丈夫なの?

といった意見も多いかもしれません。


それについての私の考えは、

「はぁー? 借金が多い? 逆でしょ。
 もっとたくさん借金するべきでしょ。」

とか思えます。


もちろん、お金を刷り続ければ良いワケではありません。

お金が多い程、お金の価値は下がります。

お金が少なすぎて、皆に行き渡らないのも問題ですが、多すぎてお金自体の価値が下がりすぎるのも問題です。

丁度良い湯加減があります。

それは日本の場合インフレ率2%だとしています。


例えばMMTの考えではインフレ率2%までならいくらでもお金を刷ってOK!

ただ、インフレ率2%を超えてくるといろいろと問題が出てくるので、インフレ率を2%位で長期的にキープすることが理想なのでしょう。


では、日本の場合はどうか?
下記のグラフのように他国と比べてインフレ率は低いです。

画像の説明
(出典:日本と世界の統計データ

36年間でたった34%しかインフレになってないですからね。

(アメリカは191%)

日本の場合、上記グラフの期間の平均的なインフレ率で言えば、1%も無いんですね。


ゼロサムゲームで考えれば、誰かの借金は誰かの資産。

政府の借金は国民の資産ですから、政府が借金すればするほど、国民はお金持ちになります。

日本はそのバランスが国民<政府に偏り過ぎているのではないでしょうか。


ハイパーインフレなんてとんでもない。

そもそも、政府の借金は多いどころか少なすぎなのですね。



国の借金

政府の借金とは別だという国の借金はどうなのか?


国の借金とは簡単に言うと、外貨建ての国債です。

外国に対して「借金返せない。」ってなれば、植民地みたいにされちゃうかもしれません。

対外的な立場は著しく悪くなるでしょう。

それは避けないといけません。

その点、日本は大丈夫なのでしょうか?


画像の説明
(参照:財務省ウェブサイト


上記のグラフは主要国の対外純資産です。


対外債務は外国からお金等を借りてるモノ。

対外資産は逆に外国にお金等を貸してたりするモノです。

それを合算させたのが対外純資産です。


普通、純資産が多い人を『お金持ち』と呼びます。

それは国でも同じでしょう。


では、日本は世界的に見てどうか?


ダントツの世界1位です。

しかも、私の知る限り29年連続で世界1位です。



国家破綻とかハイパーインフレとか滑稽すぎる!

政府の借金(自国通貨建ての債務)の返済は、借換債でロールオーばし続ければ問題ないでしょう。

インフレ率を考えれば、借金は多いどころか、もっと借金して通貨の流通量を増やすべきだとすら思えます。

更に、国としての対外純資産は29年連続で世界1位ですから、ハイパーインフレが起こるような危機とは真逆で、世界で最も強い通貨だと思えます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional