ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

iDeCoのメリット

 iDeCoのメリット

 節税で投資対効果がUP

支払金額分が所得税住民税の控除になるiDeCoですが、まだやっていない人もいるかと思えます。
そんな人の為に、

「実際にどれだけ得なのか?」

が分かるように、下記に投資額とそれに対する節税額と、それらを考慮したiDeCoの節税によって、いきなりどれだけの実質的なリターンが発生するのか?
を一覧表にまとめました。


画像の説明


例えば年収350万円の人の場合、「どれだけ税金が減るのか?」というと、
毎月23,000円の積立投資額(276,000円/年)に対して82,800円/年の税金が減ります。

すると、投資額276,000円/年 マイナス 82,800円/年 で、実質の投資額は193,200円になるとも考えられます。

193,200円/年の投資額で、実際に投資されるのは276,000円/年という事は、
投資金額が+43%も増加しているとも考えられるわけです。


350万円の年収で+43%も利回りが付いて投資スタートですが、
仮に年収1000万円の人なら+75%も利回りが付いて投資スタートです。
これは物凄いメリットではないでしょうか。

60歳以降にならないと現金化できない等の制限はありますが、
個人的には「利用しない手は無い!」と思えます。

年収2000万円の人なら+100%の利回りから投資スタートですからね。
通常なら、固い投資で+100%の利回りを得るのに結構な時間(例えば複利で年利1%で70年)がかかりますが、iDeCoならいきなりで初めからで、しかも、ほぼ確実にです。


  • 課税所得900万円超~1800万円以下の人でも +75%
  • 課税所得695万円超~900万円以下の人でも +49%
  • 課税所得330万円超~695万円以下の人でも +43%


上記の様に、毎年の投資額に対して税金が減るので、考えようによっては、その分がプラスリターンとすれば、いきなり有利な状況から投資をスタートできます。



 投資家にとって、非常に素晴らしい制度!

普通の投資と違ってiDeCoの場合は、60歳以上でないと現金化できません。

ただ、受取時も退職所得控除がありますし、
なんと言っても上記の投資額に対して所得税・住民税が控除されるという特典が魅力です。

基本的に、これをやらない手は無いでしょう。

投資対象も証券会社によっては、ダウ平均やS&P500に投資するインデックスファンドをチョイスできます。
それなら長期的に安定した高い運用利回りが期待できますね。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional