ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

FrontPage

 素人でも、世界のトッププロ並みのパフォーマンスが可能!


例えば、野球の素人がメジャーリーガー並みのパフォーマンスで野球をする事は、まず不可能ですよね。

しかし、投資の世界では、経済の仕組みを理解するだけで、ウォール街のトッププロと同等レベルのパフォーマンスを記録する事は可能だと思えます。

結論から言いますと、
世界経済を牽引するビジネスのみに投資するだけでOKです。

今なら、世界経済を牽引するビジネスの殆どがアメリカにある訳ですから、
S&P500を買って放ったらかし』するだけです。

とても簡単です。



 投資の神様も同じことを言っている。

上記のような話をすると、
「そんな簡単な訳ないだろう。」
って意見があると思えます。

しかし、これらは私だけが言っている訳ではなく、
ウォーレン・バフェット氏や、ジョン・C・ヴォーグル氏等、
多くの著名投資家達が発言しています。

最近では、日本人もYouTubeなどで同様のことを発言する事が多くなってきました。

因みに、下記はバフェット氏の発言を翻訳したモノです。


Over the years, I’ve often been asked for investment advice, and in the process of answering I’velearned a good deal about human behavior. My regular recommendation has been a low-cost S&P 500 indexfund.

翻訳
長年にわたり、私は投資アドバイスを求められることが多く、~中略~
私の定期的な推奨は、低コストのS&P500インデックスファンドです。


私のような素人だけが言っている訳ではないという事です。



 多くの投資家は、『効率の悪い投資先』に誘導されていく!

そんなこと言ていると、
「そんなに投資がシンプルで簡単なら、なんで、皆、儲かってないのか?」
みたいな意見が出るかもしれません。

そうですよね、日本人の多くは、投資が全然上手くいっていません。

それは何故か?

私の考えでは、世の中、多くの人が損するようにプロパガンダで溢れているからだと思います。


プロパガンダというのは、特定の行動などに誘導する情報操作の事です。

よく、

「日本は借金が多すぎてこのままでは大変なことになるので、増税は致し方ない。」
「将来の若者に負担を残すわけにはいかないので、今の増税は致し方ない。」

みたいな発言がありますが、
これなんかは代表的なプロパガンダだと個人的には思います。

大変とか負担どころか、逆に、
対外純資産で29年連続で世界1位の超お金持ち国家です。

でも、上記の様なプロパガンダを受けると、
人によっては、「ああ、増税も仕方ないよね。」みたいな空気になってしまいます。

プロパガンダとしては大成功しているように思えます。


これは一例ですが、こういったプロパガンダは世の中に物凄く多く、プロパガンダを避けて生活するのが不可能なほどです。

では、『投資で儲からない人とプロパガンダがどう関係しているのか?』を下記に説明いたします。


まず、下記のピラミッドを私たちが投資する対象だとイメージしてください。

私達の投資対象は多岐にわたり、多数存在します。

画像の説明

しかし、その中で効率良く儲かる投資先は、極々一部。
ピラミッドの頂点のオレンジの部分のみです。

また、それ以外の上記ピラミッドのグレーの部分。
ここに投資しても、ほとんど儲からなかったり、損しちゃったりします。
ただ、このグレーの部分が大多数になります。


画像の説明

オレンジの部分は効率良く儲かるんですから、
世界中から投機マネーが集まります。

逆に、
グレーの部分にはなかなかお金は回ってきません。


しかし、世の中はマスクが無くなるだけでも大騒ぎするように、足りない所には、直ぐにお金が流れるよう、自然とバランスが取れていきます。

昔、アダム・スミスさんが『神の見えざる手』というように表現していましたよね。

画像の説明

(出典:DIAMOND online 3分でわかる!アダム・スミス国富論)


世の中、そういったプロパガンダで溢れており、
上記ピラミッドのグレーの部分に投資家のお金は誘導されていきます。


代表的な例は、『分散投資の推奨』です。

玉子が沢山の籠に入っている絵を見たことある人は多いでしょう。
一つの籠に卵を入れて、その籠を落としてしまうと、玉子が全滅してしまいますが、
沢山の籠に分散しておけば、一つの籠を落として、その卵がダメになってしまっても、残りの籠の卵は助かり、リスクヘッジになるという意味です。

確かに優良な投資対象ノミでの分散投資は良いと思いますが、
投資効率の悪い、上記ピラミッドで言うならばグレーの箇所に分散投資をすればするほど、
長期の投資パフォーマンスは落ちるでしょう。



 ほとんどの人が投資で上手くいかないおかげで、世界経済はバランスが取れる!

ただ、そうやって投資家が損をする事は、経済にとっては良い事だと思えます。

資本主義はゼロサムゲームですから、
誰かの利益と同じだけ、別の誰かが損をしています。

投資に回すお金は、余剰資金が殆どでしょうから、それが分配されれば経済は活性化しますよね。

「損したくない!」って人は、
そもそも、投資をしないか、
もしくは、勉強して利益を出せるようにスキルアップすれば良いでしょう。


また、儲からない大多数の人のおかげで、一部の人が儲かっています。


だから、殆どの人が、投資で儲かっていないのは当たり前です。

証券マン等のプロの言うとおりに投資して、上手くいかないのも当たり前です。


そうでないと、『一部の人が物凄く儲る』なんて事はありえません。


投資で儲けている人は、大勢の儲からない人の御蔭なのです。


この原則は不変でしょう。
皆の儲けが同じだったら、努力や工夫をしている人からしたら実につまらないモノです。



「では、どうすれば投資で上手くいくのか?」

それについては、私が上手くいくと考えている具体的な手法を同サイトにまとめましたので、ご参考になれば幸いです。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional