ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

S&P500のリスク

ショック時 S&P500はどれだけ下がる?


過去のS&P500の暴落

S&P500は1957年3月4日にスタンダード&プアーズにより現在の形で算出が開始され、現在まで長い歴史があります。

その間、下記のような大きなショック(一例)による暴落がありました。

画像の説明
(出典:ピクテ投信投資顧問



ショックが来たらどの位下がる?

暴落の度合いの可能性を、もうちょっと具体的に考えるにはフォワードPERを使うアプローチが有効かもしれません。

例えば、下記はS&P500のフォワードPERのチャートです。
画像の説明
(出典:株式マーケットデータ 2021年12月23日時点)

上記を見ると新型コロナショック時にフォワードPERが14.62倍程度まで瞬間的に下落している事が分かります。

当時は多くのファンドが追証に耐え切れずにポジションを現金化する等の特殊要因もあり、通常ではありえない程に株価は下落しました。

しかし、その後1年程度で数十倍の価値になった銘柄も多数ありました。
S&P500が今後も今までのような成長を続けていくのであれば、フォワードPER15倍は、バイサイドから考えれば、掘り出し物がわんさかな貴重なビックチャンスだと思えます。
(底値は昔はもっと低かったと思いますが、最近ではゼロ金利という事もあって15倍弱位が底値と考えても良いのかな?と思えます。フォワードPERの適正値は本来は実質金利など様々なデータが関係していますので、もちろんケースバイケースになります。)


例えば、大きなリセッションのようなショックが来た場合、フォワードPER15倍まで株価が下がるとしたら、現在(2021年12月23日時点)のフォワードPER22.75倍から見たら約34%の下落(15 ÷ 22.75 - 1)になります。

現時点で過去のデータで見れば、リセッションの際にはS&P500は平均して高値から39%下がっています。


フォワードPERはコチラのサイトが非常に分かり易くまとめて下さっています。



例え株価が下がっても、基本的価値が増えている。

S&P500と言えども株価の下落リスクはあります。

しかし、その間もS&P500の利益は成長を続けるでしょう。

画像の説明

上記の画像のように最低ラインをフォワードPER15倍だとしても、最低ラインは右肩上がりで上昇していくと思えます。

また、投資家はそれにプラスして配当も受け取りますよね。


イメージとしては下記の画像が分かり易いと思えます。

画像の説明
(出典:インデックス投資は勝者のゲーム 図表2-1を引用)

仮に株価が下がった(投資家の利益が下がった【市場リターンが下がった】)としても、
投資リターン(利益成長率+配当利回り)は増え続けるのであれば、いずれは投資家の利益(市場リターン)も投資リターンと同じになるワケです。


また一つの対策として、株価の下落が怖いのであれば、より投資リターンの高いアセット。
例えばダウの犬系のインデックスファンド。
具体的にはVYM等に投資する事で、より安定した運用が可能です。



このようなシミュレーションは、下記のバフェット氏の発言のようにアメリカ経済が今までのような成長を続ける事を前提としています。

画像の説明
(出典:ウォーレン・バフェット 50の名言 ポケット名言シリーズ


なので効率の良い資産運用を心がけるなら安定的に成長するマーケット(上記の図で言う利益成長率の角度が高くて安定している)に投資するのが良いでしょう。

そもそも成長が鈍化していく様なマーケットでは上記のようなアプローチでリスクを図る事すらできません。



リスクに対してのリターンは?

リスクがある程度想定出来たら次はリターンを予想してみましょう。

下記はS&P500の46年間のトータルリターンをグラフにした資料です。

画像の説明
(出典:ジェレミーシーゲル 株式投資の未来

S&P500は46年間で+12,976%ものリターンを記録している事が分かります。

上記のリスクの話で「フォワードPERが22.75倍から15倍に下がったら投資家は34%位の損をするかもしれない。」といった内容を書きましたが、
34%のリスクにビビッて12,976%のリターンを棒に振るのはあまりにも愚かな行為かと思えます。



因みに下記は厚切りジェイソンさんの本に記載されている内容です。

画像の説明
(出典:ダ・ヴィンチWeb読みたい本がここにある ウェブサイト)


まさしくおっしゃる通りで、S&P500に投資する低コストのインデックスファンドの様なアセットを利用しない事での機会損失は、ほとんどのケースで物凄い金額になると思えます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional