ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

投資信託はNG

投資信託(アクティブ)はNG

日本のでは投資信託の中でも、上場していないアクティブなモノが特に人気だと思えます。

では、それらの運用実績はどの程度なのか?
データを下記に記載いたします。



投資信託 個人の46%が損している!

2018年7月5日の日経新聞の記事で金融庁の調査によると、投資信託で個人の46%が損をしているのだとか。

画像の説明
(出典: BUSINESS INSIDER JAPAN  https://www.businessinsider.jp/post-172352

ほぼ半分の人が損をしています。

しかも、2018年の記事という事は、リーマンショックの後の10年ですから、投資家にとって最高の地合いです。
にもかかわらずこの結果はかなり残念な数字だと思えます。


また、下記に記載するデータは、
「優秀なファンドマネージャーが高い手数料で運用する投資信託が、ただの平均値にすら負け越している!」
という内容です。




アクティブファンドの成績は平均値にすら勝てない。

アクティブファンドとは、ファンドマネージャーが平均値を上回るリターンを目指して、上手くトレードするモノです。

しかし実際には、多くのアクティブファンドは市場平均にすら負け越しています。


画像の説明
(出典:モーニングスターのウェブサイトhttp://www.morningstar.co.jp/event/1403/ms2/index01.html


上記にあるようにTOPIX(東証株価指数)に対して、国内株式型アクティブファンドの半数以上がパフォーマンスで上回ったのは10年中3年しかありません。



2勝 98敗!!  しかも、初期手数料も取られる!

また、モンテカルロシュミレーションという複雑な計算で予測すると、
下記の様にアクティブ型のファンドはインデックスファンドに対して大きく負け越しています。

画像の説明
(出典:インデックス投資は勝者のゲーム 図13-1)


アクティブファンドがインデックスファンドに対して勝利する確率は、
初めの1年はマグレで約29%は勝てるのですが、
長期になるにつれて勝率は下がっていき、
50年で見れば、勝率はたったの2%しかない(98%は負ける!。との事です。

アクティブファンドの場合、更に初期手数料も3%とか高額なモノが多いでしょう。



日本の投資信託のレベルは25ヶ国中24位!?

画像の説明
(出典:モーニングスター


上記のデータによると、投資信託の市場の評価として、日本の位置づけとしては25ヶ国中24位と、かなり悪い順位です。

下にはシャドウバンキングなどの問題があった中国しかいません。



向こうから来る金融商品は、、、。

上記などのデータを見ると、私ならETF以外のアクティブファンドはよほどの理由が無い限りやることは無いでしょう。

金融機関の営業マンは「この商品は本当に良いですよ!」と熱意をもってアプローチしてくるかもしれません。

しかし、川上の投資家からしたら『向こうから来る金融商品』(営業マンがススメてくる投資信託)に対しては下記のような印象を持っていると思えます。


「投資事業というのは巨大な詐欺である。
ほとんどの人々が勝てるファンドを見出すことができると考えているが、
そのほとんどが誤りである。
ファンドの85~90%が自分たちのベンチマークすら達成できないのだ。
資産運用会社は手数料を徴収し、また取引にはコストがかかるので、全体として彼らは価値を破壊しているのが分かるであろう。」
(参照:インデックス投資は勝者のゲーム ハーバード・マネージメント・カンパニーの元会長のジャック・R・メイヤー氏)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional