ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

投機的リターン

投機的リターン


投機的リターンとは?

投機的リターンとは、投資家の実際の儲けと投資リターンとのになります。

画像の説明
(出典:インデックス投資は勝者のゲーム 図表2-2を引用)


具体例で説明させて頂くのが分かり易いと思えます。

上記の図はアメリカの上場企業に投資した場合の投資家の儲け(市場リターン)と投資リターンを116年間のデータをまとめています。


  • 投資リターン ・・・・ 利益成長率+配当利回り(9.0%/年)
  • 投機的リターン ・・・ PERの変化率(0.5%/年)
  • 市場リターン(投資家の儲け) ・・・・ トータルリターン(9.5%/年)


投機リターンは投資家の儲け(市場リターン)と投資リターンの差になります。

上記のデータによれば、アメリカ株の場合は投資家の儲けと投資リターンの相関性が非常に高く、投機的リターンは0.5%/年と非常に少ないことが見て取れます。



投機的リターンの高いアセット

アメリカ株とは逆で、投機的リターンが高いアセットもあります。

例えば、フェラーリやロレックスや銀座の一等地のような希少価値が上昇していくようなアセットです。
最近ではビットコイン等が代表的です。


それらのアセットは基本的にお金を稼ぎません。

だから利益は常にゼロ。

配当もゼロ。

利益成長率ゼロ + 配当利回りゼロ = 投資リターンはゼロ

です。


しかし、そのアセットの希少価値が上昇していく事もあります。
下記のようなイメージですね。

画像の説明

価値が上昇する分だけ、低い時に買っている投資家の利益と、投資リターンとの差である投機的リターンはとても大きくなっているのが分かります。



投機的リターンではなく、投資リターンの高いアセットで運用する。

私が良いと思う資産運用は、投機的リターンではなく、投資リターンを狙う事です。


別にフェラーリ等に投資する事を否定しているワケではありません。

ただ、より良い投資効率を考えた場合、投資リターンの高いアセットでアメリカ株のインデックスなどは、フェラーリと違って誰でも簡単に投資できます。

「ビットコインだって誰でも簡単に投資できるよ。」という意見もあるかもしれませんし、それが好きならそれも良いと思うのですが、

私の考えでは、資産運用は長期になればなるほど複利の効果が発揮されます。
ポイントは、「長期的により安定してリターンを享受できるのかどうか?」になってきますので、ビジネスが無くならない限りは、その世界を牽引するアメリカのトップのビジネスは非常に効率が良いと思えます。


もうちょっと具体的に言うと、投資リターンの方が投機的リターンよりも予想が難しい。

要は、投資リターンが高くて投機的リターンが低いアセットなら、長期の資産運用において将来の利益を計算できるワケです。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional