ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

ETF

ETF (エクスチェインジ・トレーディッド・ファンド)


ETFとは『エクスチェンジ・トレード・ファンズ』の略で、要は『上場している投資信託』の事です。


 世界のトッププロが愛する最高の金融商品

ETFは手数料が圧倒的に安く、素晴らしい商品だと思えます。
世界のトッププロからも愛されています。

例えば、世界最大規模のヘッジファンドであるブリッジ・ウォーター・アソシエイツの運用資産の70%位はETFです。(状況によって変動するでしょうけども)

また、ウォーレン・バフェットもETF投資を、「他の運用戦略よりも、はるかに良い選択肢だ」と発言しており、
公表しているバフェットの手紙の中では、「自分の遺産の90%はS&P500ETFで運用するように」と妻に伝えています。

画像の説明
(出典:myINDEX のウェブサイト)

パフォーマンスもベリーグッドですね。




 日本では全然売れていない!

ETFは上記の様に素晴らしい金融商品ですが、日本ではほとんど売れていません。

画像の説明
(出典:野村資本市場研究所 http://www.nicmr.com/nicmr/data/market/trust.pdf

アメリカと比べると全然少ない数字です。


画像の説明
(出典: ETFはこの7本を買いなさい)

更にアメリカの場合は、全体のETFの売上の中で、
プロじゃない投資家(IFAやプライベートバンク)の割合が78.5%もあります。


それに対して、日本の場合は、
画像の説明
(出典: ETFはこの7本を買いなさい)

プロじゃない投資家が買っている割合は、たったの9%しかありません。
アメリカと比べると全然違いますね。




 証券マンはETFを勧めない!

ETFは『20世紀最大の発明の一つ!』とまで評されており、世界のトップクラスの投資家達からも愛されています。

にもかかわらず、日本の証券マンは基本的にETFを勧めてくれないんですね。
何故でしょう?



ETFの様に本当に良い商品なら、市場に置いておけば世界中の投資家が買ってくれます。


しかし、投資家にとって手数料の少ない商品は、
証券会社の立場から見たら『利幅の少ない商品』になります。

でも、『証券会社の利幅の多い商品』を市場に置いておいても、誰も買わないでしょう。
市場からダイレクトに購入する投資家は、より良い商品を選択しますからね。


となると、『証券会社の利幅の多い商品』を売るにはどうすれば良いか?


営業マンを雇ったり、販売代理店に手数料払ったりして流通させますよね。


なので、証券会社の営業マンがおススメしてくる金融商品のは、
基本的に『市場に置いておいても誰も見向きもしないようなレベルの低いモノ』なのです。



ETFは手数料は少なく、また、基本的に様々な投資対象に分散しています。
例えば、S&P500に投資するETFであれば、安心して長期でホールドできます。

しかも、圧倒的に高い投資効率で。


となると、投資家からしたら、証券会社に頼むのと比べ、
手数料は安いわ、投資効率は良いわで、証券マンの必要性が無くなってしまいます。

証券マンにとってみれば、『自分たちの必要性が無くなる!』ってのは、絶対に避けなければならない結果ですよね。

だからETFが本当に素晴らしい投資手法であればあるほど、クライアントには教えたくないのでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional