ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

賢者は年率10%程度の利回りで運用してきた!

 賢者は年率10%程度の利回りで運用してきた!


 世界トップの富裕層は、財産を9.1%/年増やしてきた。

フランスの経済学者であるトマ・ピケティの本で、世界的ベストセラーになった『21世紀の資本』によれば、
世界のトップ1億分の1の資産保有者は、1987年~2013年までの期間、自身の財産を年率9.1%(6.8%+インフレ率2.3%)で増やしてきました。

画像の説明
(引用: トマ・ピケティ 21世紀の資本)

財産と言っても、直ぐに使ってしまう財産もあれば、洋服や家具の様に価値が増えないモノも多いでしょう。
その中で運用資産だけに限定すれば、年平均リターンは軽く15%を超えそうですね。

日本の家計の年平均リターンが0.83%であることを考えると、圧倒的な差がある事が分かります。




 富裕層の投資手法は?

では、
「富裕層は何に投資しているのか?」
実は世界の富裕層や機関投資家が、いつ何に投資しているのか?を検索できるサイトがあります。

例えばアメリカでは株や証券を1億ドル以上保有する機関投資家は、アメリカの証券取引委員会(SEC)に4半期ごとに資産状況を報告することが義務付けられています。
その内容はSECのサイトで公表されているので、例えば、ビル・ゲイツ財団とかバークシャーハサウェイの運用状況を調べようと思ったら誰でも可能です。

私はGURUFOCUSというサイトでチェックしています。


それらを見てみると、多くのトップ投資家や富裕層は、
世界経済を引っ張っていくような企業の株』だけに投資をしていて、逆に、儲からないような投資先には基本的に投資をしないという戦略で運用をしているように思えます。

下記の図のようなイメージですね。

画像の説明



 見ている世界が違う!

では、彼らと一般的な人々とで、なぜこんなに運用パフォーマンスが違うのか?

いったい、何が違うのか?


おそらく、投資に対する世界観が全然違うのでしょう。


例えば、

年10%で運用するのが当たり前な人の投資ポートフォリオが、一般的な日本人のポートフォリオと入れ替わってしまったとします。

その人からしたら、

「ありえない!」
「なんでこんな勿体ない事してんだ!?」

って大激怒して、直ぐに自分がベストだと思っているポートフォリオに全変更するでしょう。

その人にとって見れば、年10%程度の利回りが普通であって、例えば年5%のパフォーマンスが見込まれる対象に投資をする事は、非常に勿体ない事なのです。


でも、「年3%利回りがあれば上出来き!」って思っている人からしたら、年5%の利回りが見込まれる対象を魅力的に思うでしょう。


そもそも世界観が全然違うんですね。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional