ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

日本人の資産運用は、、、。

今までのままでは儲からない!


 日本の家計の平均リターンは0.83%しかない!

まず結論から言いますと、
「日本の一般的な常識で『良い』と思われる投資をしても、ほとんど儲からない!」
と思えます。

それは、海外の投資の常識と、日本の投資の常識が、大きく違うからです。


金融庁の資料によれば、1995年~2017年迄の日本の家計の金融資産の運用リターンは、

  • 日本の家計 ・・・ + 20%
  • 米国の家計 ・・・ +145%

と、アメリカと比べても多く下回っています。


画像の説明
(出典:金融庁)


日本の場合、年平均にすると約0.83%しかありません。
年1%も無いんですね。
因みにアメリカは約4.15%です。

  • アメリカ人 ・・・ 時速41.5㎞
  • 日本人 ・・・ 時速8.3㎞

上記の様に時速に例えると分かり易いでしょう。
時速41.5㎞と時速8.3㎞では雲泥の差ですね。



 アメリカと日本で、投資に対する常識は違う!

ここまでパフォーマンスが違うという事は、資産運用に対する常識が全然違うのでしょう。

日本人が「これは素晴らしい!」と考えている投資手法は、
アメリカ人から見たら「いやいや、こんな投資手法だと全然儲からないでしょう。」って思える筈です。

例えば、日本で良いと言われている下記の常識は、

私からしたら、この常識のせいで、「多くの人が大幅にパフォーマンスを下げてしまっている。」と思えます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional