ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

投資したらダメな株

投資したらダメな株




上場している以上は、どんな企業も将来のビジョンは明るい。

投資の神様と言われるウォーレン・バフェットの言葉で、
Time is the friend of the wonderful company, the enemy of the mediocre.
『時の経過は、優良企業にとっては仲間だが、平凡な企業にとっては敵だ。』
というのがあります。

「平凡な企業に投資してしまうと、長期的にじりじり下がっていく。」というニュアンスを含んでいます。
では『平凡な企業』とはどんな企業なのか?

実は、株式市場に上場している以上は、その企業は自身が有効であると判断しているビジネスを行うにあたり、その費用を投資家から出資してもらってまで目標(そのビジネスの成功)を達成しようとしていますよね。

という事は、ほとんどの企業の将来のビジョンは明るいのです。




値下げ競争に巻き込まれそうなビジネスに注意!

では、どういった基準で投資対象を選べばよいのか?
これにはさまざまな要素があると思えますが、
最も重要なポイントの一つは、
『そのビジネスが将来的に値下げ競争に巻き込まれるかどうか?』
で判断するのも良いと思えます。

例えば、Aさんがあるビジネスをスタートさせ、それが非常に魅力的だった場合、Bさんが「あ、それ良いな、うちも真似しよ。」って感じで、競合他社がだんだん増えてきます。
そうなると「うちはAさんよりも〇〇%お安くしますよ。」とか、値下げ競争に発展し、最終的には給料を支払ったらカツカツな状態になって、儲けは殆ど無くなってしまいます。
賃金の安い新興国企業まで競争に加わってくれば、そのビジネスはやればやるほど赤字になるでしょう。
そうなれば、当初の目標収益は、下方修正せざる得ないでしょう。
株価は大暴落するかもしれません。

将来の技術革新によって、ニーズが無くなりそうなビジネスや、
平凡で他社に簡単にマネできてしまいそうなビジネス、
Amazonのような強力なライバル企業に算入されそうなビジネスは要注意です。


powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional