ようこそ、 株式会社 浜松FP事務所 です。

手数料 (両替)

 両替手数料 数百倍の違いが、、、。


 どこで? どうやるか? で、手数料は全然違う!

アメリカ株を投資するのに、円→米ドルに両替をする必要があります。
ただ、どこの金融機関で、どうやって両替するかで手数料が、

数百倍!

も違ってきます。


よく銀行とかで両替すると、『円→米ドル』であれば1米ドルに対して1円(約0.9%)位の両替手数料を取られると聞きます。
もちろん銀行によって変わります。

ただ、証券会社によっては、0.2銭とかで『円→米ドル』の両替ができるようです。(FXを利用して)
銭という単位は0.01円であり、1銭は1円の100分の1です。

で考えると、0.2銭は0.002円ですから、
例えば、1円とられる手数料が0.002円で済めば、1/500に両替コストを抑えれることになります。



 具体的なやり方は?

私はこのやり方に詳しくないのですが、
自分の経験した範囲で下記に手法を記載いたします。
(詳しくは各証券会社のフリーダイヤルにご相談ください)


イメージとしては、

  1. 証券会社のFX口座で1万米ドル以上の買い注文をします。(FXで円で米ドルを購入する、余力を+5%持って105%以上の円が必要になります。)
  2. 翌営業日以降に14時までに『現引』を行うと、14時30分の為替レートで米ドルを買い付けできる。
  3. 両替して得た米ドルを使ってアメリカ株を購入。


ちなみに私が上記の手続きをSBI証券で2019年12月に行った際には、当時のSBI証券の電話を受けた人からは0.2銭ではなく0.5銭と言われました。
ネットには0.2銭と書かれていますが)




 事前に証券会社に確認はしましょう。

アメリカ株に投資する場合は、FXとアメリカ株の取り引きが両方とも可能な証券会社を選択するべきですね。
FXで両替した米ドルを使ってアメリカ株に投資するのですから。

あと、「こういった手続きが可能なのか?」を事前に証券会社に確認してから行った方が良いと思います。

因みに私はSBI証券と楽天証券とマネックス証券の口座を利用していますが、SBI証券は上記の手続きが出来ましたが、
楽天証券とマネックス証券では「できない。」と言われました。(2020年1月27日現在)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional